【WPF】XAMLでリソース定義したクラスをコードビハインドで参照する

      概要   農業のDIYに必要な技術と思えませんが、WPF勉強中です。リソースの定義はWPFの肝っぽいので忘れないようにメモしておきます。 WPFで独自クラスをインスタンス化する場合、次の二つの方法があります。   従来のWindowsフォームのようにコードビハインドでインスタンス化する方法 XAMLでリソース定義をしてインスタンス化する方法   コードビハインドでインスタンス化したクラスを呼び出す場合、上記1.の方法は問題ありませんが、上記2.のXAMLでインスタンス化された独自クラスの呼び出し方はWPF特有ですのでメモしておきます。       環境   Microsoft Visual Studio 2015 + WPF + VB       XAMLのリソースを定義または参照する方法   独自クラス   XAMLでのリソース定義 WPFでは、XAMLでリソースを定義(クラスの場合はインスタンス化)できます。その方法は、Resoucesタグにインスタンス化したいクラスの名称とそれを参照するためのキーを登録するだけです。   XAMLでリソース参照 XAMLから参照する場合は、次のように参照した内容を設定したいコントロールのプロパティにバインディングさせることで可能です。 ここでは、Sourceに先ほど定義したリソース(クラス)のキーを、pathにはリソース(クラス)のプロパティを設定します。Modeには該当のコントロールのプロパティに値を設定するだけであればoneWay(単方向)を、値を設定または参照する場合はTwoWay(双方向)を指定します。   コードビハインドでリソース参照 リソースに定義済みのクラスのメソッドを呼び出すときはResoucesプロパティまたはFindResourceメソッドを使用します。Resourcesプロパティの場合は、カッコ内にリソース名を設定するとリソースの参照が可能となり、コードビハインドでクラスを呼び出すことができるようになります。   Resourcesプロパティを使用する場合 FindResourceメソッドを使用する場合   数値や文字列(名前空間systemで定義されたクラス)   数値や文字列をXAMLでリソース定義および参照する場合は、Window定義における「xmlns:system=”clr-namespace:System;assembly=mscorlib”」は、コアアセンブリ(mscorlib)のSystem名前空間に対応するXML中の名前空間”system”を定義する必要があります。   XAMLでのリソース定義[…続きを読む]

Continue reading …

【WordPress】古い記事を削除するスクリプトを作ってみた

      概要   自動投稿で毎日画像ファイルをアップしているといつのまにかサーバー容量がいっぱいになっていることがよくあります。そこで、投稿記事と関連ファイルを対象に古いデータを削除するスクリプトを作ってみました。       環境   IDCFクラウド環境 サーバー  (仮想マシン・ハードウェア専有マシン) S1:200円 ボリューム(ディスク) 基本 15GB:300円 オブジェクトストレージサービス 50GB未満無料 https://www.idcf.jp/cloud/storage/ WordPress仮想マシンKUSANAGIテンプレート使用   データベース接続ツールが何も入っていないのであれば、インストールする必要があります。有名なところではphpMyAdminですが、もっと軽くてインストールが簡単なadminerをインストールしてみました。         プラグインで削除する方法   GOOGLEでキーワードに「WordPress」、「古い記事」、「削除」あたりを入力して検索するとWordPressの削除に関する記事がいろいろできてきます。 「Bulk Delete」というプラグインが最初にでてきたので、早速インストールしてみましたが有料版を購入しないと自動では削除できないようです。     お金を払ってまで自動化することはないので、Bulk Deleteはいったんあきらめて他を探してみましたが、自動削除のプラグインはほとんど見当たりません。確かに、自動バックアップはあっても自動削除は怖くて使えないのかもしれません。 やっぱり、古いデータをデータベースから自動で削除する仕組みを自分でつくるしかないようです。       投稿関連データのデータ構成   WordPressのデータベース構造について調べてみました。   WordPressデータベースのER図を見ると、WordPressがさまざまな機能を持つ割にとてもシンプルなテーブル構成です。しかし、その分一つのテーブルに様々な意味を持たせるため、データ構造は複雑になります。   次のデータベース関連図およびテーブル一覧はWordPressリファレンス「WordPress codex日本語版 データベース構造」より引用しました データベース関連図[…続きを読む]

Continue reading …

【WordPress】IDCFクラウドの無料オブジェクトストレージでミラーサイトをつくってみた

      概要   クラウドサービスを利用してWordPressでブログを立ち上げる場合、不測の事態に陥った時にどうやって迅速に復旧するか、いつも頭を悩まします。バックアップはとっていても、まさかの時にバックアップデータが壊れていないかとても心配です。 しかし、本番で稼働しているサイトとまったく同じ環境で動作するミラーサイトを作っておけば、本番のサイトが表示できなくなっても、本番サイトドメインのDNS設定を切り替えるだけで復旧できるので安心です。     環境   IDCFクラウド環境 サーバー  (仮想マシン・ハードウェア専有マシン) S1:200円 ボリューム(ディスク) 基本 15GB:300円 オブジェクトストレージサービス 50GB未満無料 https://www.idcf.jp/cloud/storage/ WordPress仮想マシンKUSANAGIテンプレート使用 ※ドメイン管理、DNSサーバーはお名前ドットコム     データミラーリングの流れ   本番で稼働しているサイトとまったく同じ環境で動作するミラーサイトを作成するためには、本番と同じバージョンのWordPressをあらかじめインストールする必要があります。サイトドメイン以外は同じ構成で設定でインストールしておく必要があります。 データミラーリングの大まかな流れは、次のようになります。   本番環境WodPressバックアップデータを作成する バックアップデータをオブジェクトストレージに転送する ミラー環境にオブジェクトストレージのバックアップデータを取込む ミラー環境WordPressにバックアップデータをリストア(復元)する     本番環境WodPressバックアップデータを作成する   WordPressのバックアップは、WordPressインストール先のデータファイルとデータベースを保存しておく必要があります。データベースはWordPressインストール時に指定したデータベースです。 WordPressのバックアップ方法についてはWordPressリファレンス 「WordPress のバックアップ」を参考にしました。     WordPressファイルのバックアップデータ作成   WordPressインストール先のデータコンテンツフォルダ(wp-content)の中に存在する次の3つのフォルダを圧縮して保存します。 plugins(プラグイン) themes(テーマ) uploads(メディアファイル)  […続きを読む]

Continue reading …

【KUSANAGI for IDCF】超高速仮想マシンKUSANAGIでWordPressをインストールしてみた

    概要 IDCFクラウドのs1プランはなんと月額500円からはじめられるクラウドサービスです。超格安でも、CPUは1G、ストレージはSSD15GBと、wordpressを始めるには申し分ないスペックです。今回はwordpress用にサーバーを約10倍の速度に超高速チューンアップ済仮想マシンkusanagiをインストールします。   環境 IDCFクラウド環境 サーバー  (仮想マシン・ハードウェア専有マシン) S1:200円 ボリューム(ディスク) 基本 15GB:300円 オブジェクトストレージサービス 50GB未満無料 https://www.idcf.jp/cloud/storage/ WordPress仮想マシンKUSANAGIテンプレート使用 ※ドメイン管理、DNSサーバーはお名前ドットコム   インストール手順 IDCFのリファレンスに仮想マシン作成の手順「IDCFクラウドでWordPressサイト構築」を参考にしました     1.KUSANAGIテンプレート検索   IDCFクラウドの管理画面からKUSANAGIテンプレートを使用して新規マシンを作成します。   管理画面メニューより「テンプレート」をクリックします。 「コミュニティテンプレート」をクリックします。 コミュニティテンプレートの一覧が表示されたら、KUSANAGIで検索し、「KUSANAGI for IDCFクラウド」を選択します。 「仮想マシン作成」をクリックします。 任意のゾーンを選択して、「上記サービス仕様に同意します。」をチェックします。次に「仮想マシン作成画面へ」をクリックします。     KUSANAGI for IDCF クラウド       2.仮想マシンを作成   仮想マシンを作成します。イメージは先ほどコミュニティテンプレートで選択したKUSANAGIがあらかじめ設定されています。マシンタイプやボリューム等のイメージ以外の項目については「仮想マシンの作成方法」に従って作成します。   ゾーン選択 KUSANAGIテンプレートを使用時はデフォルトのままでOKです。 仮想マシンタイプ 希望のスペックに合うマシンタイプを選択します[…続きを読む]

Continue reading …

【Arduino】観葉植物の自動水やり装置を作ってみた

      概要   みずやり装置とかでググってみると、すでに大勢の方がいろんな方法で自動水やり装置を作っています。Arduinoとネットで中国から取り寄せたいろいろな部品を使って、観葉植物に水をやる装置を試作してみました。       環境   使ったもの   Arduino Nano USB電源 AMS1117-3.3 DC-DC ステップダウン パワーモジュール 土壌水分センサーモジュール リレーモジュール、LCDモジュール、LEDライト他 ※下記の記事『【Arduino】ダイソー5LEDライトスタンドを改造してみた』の「今回使用したもの」を参照 水中ポンプ DFPlayer Mini(MP3再生モジュール) タクトSW ブレッドボード他   【Arduino】ダイソー5LEDライトスタンドを改造してみた       実現したいこと   通常モードで、スイッチが押されると土壌のかわき具合をLCDに表示する 通常モードで、土壌が乾燥してくると水やりモードに移行し、次の動作をする(以下水やりモードでの動作) LCDに常に土壌のかわき具合を常時表示する(バックライトON) 水やりモードでは、土壌の乾き具合によって「水がほしい」とか「もう少し」とか言う 十分土壌が潤ったら、通常モードに移行し、「もう大丈夫」と言う スイッチが押されると水中ポンプを回して、「ありがとう」とお礼を言う 水やりモードのまましばらく放置されると 、サイレントモードに移行する(以下サイレントモードでの動作) ※7/24 夜間は常にサイレントモードにする LCDは常時OFFでたまに表示する スイッチが押されると、水やりモードに復帰する サイレントモードでしばらく放置すると、たまに水やりモードに復帰する ※7/24 朝になるとサイレントモードから復帰する[…続きを読む]

Continue reading …

2桁7セグLEDをダイナミック点灯制御で表示する

    概要 2桁7セグLEDが格安で入手できたので、温かみのある7セグLEDを使って、気温と湿度を交互に表示するプログラムに挑戦してみました。     環境 使用するもの ・2桁7セグLED ・抵抗 ・トランジスタC1815 ・ブレッドボード ・ジャンパーピン     ダイナミック点灯と2桁表示の仕組み   前回、シフトレジスタ―74HC595を使用して、マイコンから少ないI/O信号線で7セグLEDを表示する実験をしてみました。今回は2桁の7セグLEDですので、シフトレジスタ―を使って2桁表示に挑戦する予定でしたが、2桁7セグLEDの回路図をみてみると・・2桁なのに7セグメントに対応したLED表示用の信号が1セットしかありません。これでは、左右別々の文字をひょうじすることができないではないですか・・ それを解決するのが、ダイナミック点灯方式だそうです。というかもともとそれを前提とした商品ですけどねー   ダイナミック点灯方式とは、少ない信号線でLEDを制御する方法の一つです。 前回は、シフトレジスタを使って、複数のLEDの同時表示を実現していました。しかし、ダイナミック点灯方式では、複数のLEDを同時にすべて表示するのはあきらめます。 ではどうするかというと、人間の目が高速に動くものを見た場合に残像が見える効果を利用します。左右の7セグLEDを交互に高速に表示することで、人間の目を欺いてあたかも同時に表示しているかのように見せるわけです。3桁や4桁のように桁数が増えた場合は、1桁ずつ順番に表示していきます。 ちなみに、このON/OFFの周期を調整することで微妙に輝度を変化させることもできます。   今回使用する7セグLEDはこちらです。   使用する7セグは+極が共通となっているアノードコモンのタイプです。 DG1またはDG2の信号線をHIにして、表示対象のLEDにだけ電流がながれるように、各LEDに対応した信号線をHI/LOに設定します。 具体的には、下図のように表示対象桁のアノードコモン信号線DG1またはDG2をHIにして、表示対象のLEDに接続されている信号線をLOに設定することでLEDに電流を流して表示します。たとえアノードコモン信号線がHIで電圧がかかっていたも、LED側の信号線がHIの場合は電流が流れないので表示されません。 ブログで遊ぶで掲載されている記事「タイマー -第4回:ダイナミック点灯」の図を引用   今回、LED側に接続された信号をHIにして、電流が流れない環境をつくりましたが、LEDに逆電流が流れることになるため、本来はトランジスタのスイッチング回路により制御します。     スイッチング回路の設計   1. 消費電力の確認 LEDに定格電流を流したときの電力を計算し、トランジスタや抵抗が壊れないかを確認します。 確認の順番は、各部品にかかる電圧の計算、各部品の電力の計算、計算した電力とデータシートの確認です。 もし、問題があるならば使用する部品をもう一度選び直す必要があります。    1.1 LEDの最大順方向電流を調べる 使用する7セグメントLEDのデータシートを参照して次のデータを探します。 最大定格の電流(IF) データシートより最大定格電流は30mA。 絶対最大定格[…続きを読む]

Continue reading …

7セグLEDをシフトレジスタ74HC595で表示してみる

概要 7セグLEDとシフトレジスタ74HC595をつかって7セグLEDに数字を表示してみました。   環境 使用するもの ・シフトレジスタ74HC595 ・LEDライト×8個 ・抵抗×8個(一般的なLEDなら、120 ~ 330オームぐらいの範囲)(私は、220オームを使用) ・ブレッドボード (2個あると、やりやすい) ・ジャンパーピン     LED表示の仕組み 7セグLEDは7セグメントLEDディスプレイと呼ばれる部品で、 複数のLEDを組み合わせて表示することで、数字などを自由に表示することができます。基本的なLEDの構成として、アノード(+極)が共通のタイプのものと、カソード(-極)が共通のタイプのものが存在します。   DEVICE PLUSのはじめての電子工作j入門シリーズ「第8回 Arduinoで作る簡易百葉箱(その2)。電光掲示板(7セグメントLED)を使って数値を表示。」でものすごくわかりやすい説明がありましたので、引用させていただきます~     1桁の場合は、各LEDにI/O信号を接続することも可能ですが、2桁、3桁と表示するLEDの点数が増えてくると、マイコンの信号が足りなくなります。そこで登場するのが、シフトレジスタ―です。   シフトレジスタとはWIKIPEDEAで次のように説明されています。 このシフトレジスタを使用することでインターフェイス(信号線)を少なくすることができます。データはシフトしながら内部で展開して、すべて取り込み後に一気に実行するイメージです。パラレル信号をシリアルインターフェイスにするといった感じですね。     「DIY環境」のサイトの中でラズベリーパイで7セグLEDを点灯させる実験をしている記事「Raspberry Piで7セグメントLEDを簡単に点灯させよう (2) 配線量を少なくできるシフトレジスタを使った点灯方法 その1」があり、その中でシフトレジスタについてとてもわかりやすい説明を見つけました。勉強になりますm(__)m     今回74HC595は、5個100円で購入しました。マイコンとの信号線は少なくなりますが、LEDそれぞれ抵抗をはんだ付けする必要があるのでけっこう手間がかかります。   7セグとシフトレジスタの動作確認は、ブログ「人畜無害」の記事「[Arduino]シフトレジスタを使って7セグLEDを表示する」で使用されているARDUINOのコードを参考にさせていただきました~ /* * シフトレジスタテスト */ #define DATAPIN 8 #define LATCHPIN 9 #define CLOCKPIN 10 int data[][8][…続きを読む]

Continue reading …

【IDCFクラウド】無料オブジェクトストレージにバックアップしてみる

      概要   IDCFクラウドは、1時間1円、1ヵ月500円から始められるというのが特徴のクラウドサービスです。ワンコインなのにメモリ1G、ストレージはSSD15GB、さらに6か月無料(一ヵ月500円プランの場合)のクーポンがついてくるという太っ腹なサービスに、私管理人もブログ用に利用させていただいています。 これだけでも十分凄いのに、なんとさらに50GBまで無料のオブジェクトストレージが利用できます!!!!! これはもう利用しない手はないということで、早速使ってみました     環境   IDCFクラウド環境 サーバー  (仮想マシン・ハードウェア専有マシン) S1:200円 ボリューム(ディスク) 基本 15GB:300円 オブジェクトストレージサービス 50GB未満無料 https://www.idcf.jp/cloud/storage/     導入手順   IDCFクラウドのオブジェクトストレージは、s3cmdというツールを利用して操作します。   s3cmd自体はオープンソースでIDCFに問い合わせても質問に答えてもらえませんが、IDCFのリファレンスに導入方法が載っています。これにしたがって進めていけば別段悩むことなくインストールできそうです。   epelのリポジトリを導入済みの場合は、次のコマンドで一発でインストールが完了します。 sudo yum install s3cmd –enablerepo epel   次に、環境設定を行います。 IDCFの管理画面でオブジェクトストレージのAPIキー他情報をメモしておきます   以下のコマンドで対話式の環境設定が可能になります。   s3cmd –configure   アクセスキー(APIキー)とシークレットキーを入力します   $ s3cmd –configure[…続きを読む]

Continue reading …

【KUSANAGI for IDCF】直感的に編集できるconcrete5をインストールしてみた

    概要 concrete5は、PHPプログラミング言語と、SymfonyやLaravelのフレームワークを使用して書かれたコンテンツ管理システムです。さまざまなコンポーネントが標準で用意されていて、レゴブロックのように、ブロックを積み上げてページを作成していくことができるCMSです。 WordPressほどネットで情報をありませんが、GUIで直感的にサイトを構築するにはとても便利なCMSです。concrete5で簡単なサイトを作ってみました。 ここでは、KUSANAGIを使用してConcrete5をインストールする方法と、Concrete5でサイトを編集する機能をまとめてみました。 ※WordPressが高速に動作する仮想マシンKUSANAGIでConcrete5が使えます。     環境 クラウドサーバ s1プラン+SSD 15GB(IDCFクラウド) ※超高速WordPress仮想マシンKUSANAGIテンプレート使用 concrete5 # concrete5 Version Core Version – 5.7.5.8 # Server Software Apache # PHP Version 5.6.30 ※conclete5環境は、管理画面より「システムと設定>環境情報>サーバー設定一覧 」にて取得     Concrete5のインストール1   コマンドラインからKUISANAGIの下記コマンドを入力して、ワードプレスのプロビジョニング(導入設定※)を行います。 ※ホスト名の設定、データベースの作成、SSLの発行など行います。 kusanagi provision –Concrete5   KUSANAGIのプロビジョニング       Concrete5のインストール2   次にブラウザからプロビジョン時に指定したホスト名(ドメイン)を入力して、Concrete5の初期設定を行います。 ※ここでは、Concrete5の一般的な初期設定として、使用言語や、使用するデータベースの情報(先ほどKUSANAGIのプロビジョンで作成したデータベース)を入力します。[…続きを読む]

Continue reading …

【Arduino】LCDディスプレイをbackpackモジュールで使ってみた

    概要 LCDディスプレイ(HD44780 コンパチブル 1602 LCD ディスプレイモジュール)は、Arduinoなどのマイコンに接続すればそのまま使用できます。 しかし、データ通信はパラレルですのでマイコンとの結線は多少手間がかかります。このbackpackモジュールは、HD44780 コンパチブル 1602 LCD ディスプレイモジュール用に、パラレルシリアル間のデータ変換を行うPCF8574Tと輝度調整用抵抗等がパックになったものです。 ARDUINOのデバッグや通信状態のモニタ用にLCDディスプレイの価格がやすくてIC2シリアルインターフェイスのbackpackモジュールもあるということで、HD44780 コンパチブル 1602 LCDディスプレイを使ってみることにしました。     環境 今回評価したもの HiLetgo DC 5V HD44780 1602 LCD ディスプレイモジュール 16×2キャラクタ LCDブルーブラックライト※ HiLetgo IIC/I2C/TWI/SPI シリアル インタフェース ボード モジュール Arduino 1602 LCD ディスプレイ   「ダイソー5LEDライトスタンドを改造してみた」で使用したもの ダイソー5LEDスタンド Arduono NANO SODIAL(R)製リレーモジュール 人感センサー ブレッドボードとジャンパー線 【Arduino】ダイソー5LEDライトスタンドを改造してみた  […続きを読む]

Continue reading …

【Arduino】sleepを利用して電力消費を抑えてみた

概要 Wikipediaによるとスリープとは・・ Arduinoで開発可能なAVRマイコンでもスリープ機能を使用することができます。Arduinoではライブラリを利用することで簡単にスリープを実現できます。 Arduinoのスリープ機能を使って消費電力を抑える方法を検討してみました。       環境       Arduinoのスリープモード   Arduinoでスリープを利用する方法は、リファレンスに記載されています。 リファレンスによると、いくつかのスリープモードを指定でき、スリープモードにより機能や復帰条件が異なるようです。 Sleep  (Arduino) http://playground.arduino.cc/Learning/ArduinoSleepCode   AVRマイコンのデータシートを参照すると、より詳細なスリープの機能と復帰条件が記載されていました。 ATmega328/P DATASHEET COMPLETE http://www.atmel.com/Images/Atmel-42735-8-bit-AVR-Microcontroller-ATmega328-328P_Datasheet.pdf   スリープモードの機能、復帰条件、効果をまとめると下表のようになります。 モード 説明 省電力効果 ※数値が大きいほど効果大 SLEEP_MODE_PWR_IDLE アイドル状態 システムクロックは停止しますが、内臓タイマーや外部割込み、シリアルポートなどの機能は動作します。復帰方法は外部割込み、ウォッチドッグタイマー、ADCの入力変化、リセットピンによる復帰が可能 1 SLEEP_MODE_PWR_ADC AD変換ノイズ低減用に利用されます(ADC対応のAVRでないと利用不可) – SLEEP_MODE_PWR_DOWN パワーダウンモード 最低限の動作のみのもっとも消費電力が少なくなります。 外部割込み、ウォッチドッグタイマー、リセットピンによる復帰が可能。 5 SLEEP_MODE_PWR_SAVE パワーセーブモード タイマー用の外部発信器は動作しているので、外部割込み、ウォッチドッグタイマー、リセットピンによる復帰が可能。 2 SLEEP_MODE_PWR_STANDBY スタンバイモード メインクロックが動作している以外、パワーダウンモードと同じ。 3[…続きを読む]

Continue reading …

【IoT】トランジスタをさらっとおさらい

概要 以前、「【Arduino】灌水ポンプを駆動する方法について検討してみた」で、Arduinoに接続された外部のポンプを駆動する方法を検討しました。そこで、「① 普通のトランジスタを使用する」の場合ではどのような回路を組めばよいのか検討してみました。   【Arduino】灌水ポンプを駆動する方法について検討してみた     環境       トランジスタとは   Wikipediaから引用しました。 トランジスタ(英: transistor)は、増幅、またはスイッチ動作をさせる半導体素子で、近代の電子工学における主力素子である。transfer(伝達)とresistor(抵抗)を組み合わせた造語である。ジョン・ロビンソン・ピアース(英語版)によって1948年に名づけられた[1]。「変化する抵抗を通じての信号変換器[英 1]」からの造語との説もある。 通称として「石」がある(真空管を「球」と通称したことに呼応する)。たとえばトランジスタラジオなどでは、使用しているトランジスタの数を数えて、6石ラジオ(6つのトランジスタを使ったラジオ)のように言う場合がある。 デジタル回路ではトランジスタが電子的なスイッチとして使われ、半導体メモリ・マイクロプロセッサ・その他の論理回路で利用されている。ただ、集積回路の普及に伴い、単体のトランジスタがデジタル回路における論理素子として利用されることはほとんどなくなった。一方、アナログ回路中では、トランジスタは基本的に増幅器として使われている。 wikipediaの説明にあるとおり、Arduinoを使用したデジタル回路では、電子的なスイッチとして使用します。大きな負荷を動かしたり100V交流電源を制御したりするのでなければ、一個数円で手に入るトランジスタを活用する方がお得ですし、カチカチ音もせず静かです。     トランジスタの基礎知識   トランジスタの種類 トランジスタは大きく二つに分類されます。一つはバイポーラ型でもう一つはユニポーラ型です。通常トランジスタといえばバイポーラ型を指します。 RSジャパンのサイトにわかりやすい説明がありますのでそこから抜粋します。   (1)バイポーラ型 バイポーラとは、正と負の2種類のキャリアが働くトランジスタです。 バイポーラ型には、大きく分けてPNP形トランジスタとNPN形トランジスタの2種類があり、PNP形はベースがN形半導体で、NPN形はベースがP形半導体で構成されています。 端子はベース(B)・エミッタ(E)・コレクタ(C)の3極です。ベース-エミッタ間に電流を流す事で、コレクタ-エミッタ間の電流を制御します。 製品の中には、抵抗内蔵トランジスタや、2つのトランジスタを組み合わせ、利得を高くしたダーリントントランジスタなどの複合トランジスタもあります。 (2)ユニポーラ型 ユニポーラとは、どちらか一方のキャリアが働くトランジスタです。 ユニポーラの代表的なものは、電界効果型トランジスタ(FET:Field effect transistor)で、接合形(ジャンクション)FETやMOS形FETなどがあります。 FETは、一般的なトランジスタが電流制御なのに対して、電圧制御になります。その為、消費電力が小さくて済みます。 一般的に端子は、ゲート(G)・ドレイン(D)・ソース(S)の3極ですが、デュアルゲートになっている4極の物もあります。   トランジスタの型名の先頭から3桁の英数字がトランジスタの種類をあらわしています。 例えば一般的によく使用されるトランジスタを例にあげると、 2SC1815–GR 2Sは電極数の数を表しています Cはトランジスタの型(PNP型かNPN型)と用途(高周波用か低周波用)を表しています 1815はトランジスタ登録につけられた番号でトランジスタそのものを識別する番号です GRはhFEランク(どのくらい電流を増幅できるか)を表しています ※2SC1815の場合、データシートによると 直流電流増幅率hFE[…続きを読む]

Continue reading …