【農業】作物栽培管理の負担を軽減したい~松原農園の取り組み

        概要   以前このサイトでよんでんグループの農業分野への取り組みを紹介しました。よんでんグループでは、電力制御で培ってきた技術をいかして、「電気屋さんが作ったトマト」というトマトを作っています。 2017/05/12 「【農業】作物栽培管理の負担を軽減したい~四国総研の取り組み」 【農業】作物栽培管理の負担を軽減したい~四国総研の取り組み よんでんグループのトマトには及びませんが、松原農園でもIoTを活用した栽培管理に取り組んでいますので、その一部を紹介します。 ※このサイトではそのノウハウやTipsをできるだけ取り上げて記事にしていく予定です。         背景   松原農園では数年前から収穫量等の管理を行うシステム活用していました。 農園ブログより 農業日誌のWEB化対応(2012年10月10日付記事)   数年前はウェブで生産量を入力してデータを管理するくらいの機能しかなく、栽培管理は現場の作業者の勘に頼るほかありませんでした。しかし、少し前からIoTということばがちまたで聞かれるようになり、IoT製品も徐々に普及してきました。そのおかげで、それまではインターネットに接続して情報を活用する製品をつくるのにはかなりの技術と費用が要求されましたが、いまではある程度市販の商品を組み合わせることで少しの知識と予算で実現可能になりました。 松原農園のシステムも、IoT普及の恩恵を受けて、様々な情報をとりこみ活用できるようになり、少しずつ変化しています。         システム全体のイメージ   生産管理をいろいろな場面で支援するシステムです。まだまだですが、試験的に運用しています。         ハードウェア構成   通信ユニット(親機) WEBクラウド上のプログラムと農園内に設置したユニットとデータのやり取りを行うための中継ユニット。   センサーユニット(子機) 環境モニタに必要なセンサーを接続してデータを収集するためのユニット。   制御ユニット(子機) 環境を制御するため装置を接続して装置を駆動するためのユニット。   市販の製品を利用して通信ユニット、センサーユニットを試作して、システムの試験・評価を行っています。 ※制御ユニットは現在試作機を鋭意製作中です。    […続きを読む]

Continue reading …