オーストラリアの農業もIoT技術が浸透してきています

 

概要

 

元記事

 

IoT Agricultural Specialist Helps Australian Nursery Become More Profitable

Nathaniel Prince

 

Mar 14, 2017—Cameron’s Nursery, a grower and wholesale provider of perennial plants to retailers in eastern Australia, is raising its bottom line thanks to an Internet of Things solution provided by Agnov8, an Australian company that delivers specialized agricultural services.
Agnov8 made use of a range of sensors from Libelium’s Waspmote Plug & Sense! line for its solution. Two Smart Water sensors—one installed in the drainage pit and the other in the main dam—monitor quantitative aspects of the nursery’s water: its temperature, pH, electrical conductivity, oxidation-reduction potential and dissolved oxygen levels. A Smart Metering sensor in the water tank measures the volume of water in storage.

 

In the greenhouse, one Ambient Control sensor detects the amount of admitted light. Three Smart Agriculture monitors are installed as well. Two are located outside: the first measures rainfall and wind direction, intensity and speed, and the second determines outdoor soil temperature and moisture. A third unit is located inside the greenhouse to measure internal conditions.
The sensor nodes are linked via a meshed Wi-Fi network using WPA2 authentication. Using HTTP, the nodes connect with an onsite gateway that securely connects using TLS1.2 with Agnov8’s cloud-based software-as-a-service (SaaS) platform. Data is sent to the cloud at intervals of five to 15 minutes, allowing nursery staff to access the measured data in near-real time. The SaaS platform is hosted on Amazon Web Services.

 

The nursery staff—either on or off site—can access the sensor via a cloud-based dashboard solution, by means of a cell phone, a tablet or a computer, allowing workers to know the exact details of what is occurring on the five-acre farm. The raw data can be downloaded as well.

 

Libelium says that its technology helps to reduce human error by providing personnel with regular, accurate data and by enabling them to intervene earlier when problems arise. This, in turn, leads to improved crop yields. According to Libelium, Sonja Cameron, the director of Cameron’s Nursery, reports that the Agnov8-Libelium solution is providing her company with real-time insight regarding water and greenhouse monitoring. This has empowered its staff to react to specific events, thereby ensuring crop health and reducing losses.
“Cameron’s Nursery has committed to two additional units to measure water quality parameters at other stages of their sustainable water-management system,” says Luuk Honings, Agnov8’s CTO.

 

 

 

オーストラリアの苗床会社が農業分野のIoT専門会社の助けを借りて利益を増やす

~キャメロン苗床社の人事報告によれば、Libelium社製無線センサーを使ったAgnov8社製ソリューションの導入により人為ミスの検知が向上し生産高の増大に繋がった。
著者 Nathaniel Prince

 

Mar 22, 2017

オーストラリア東部にある多年生植物の栽培と卸売を行うキャメロン苗床(Cameron’s Nursery) が、同じオーストラリアで農業向けに特化したサービスを提供するIoT (モノのインターネット) ソリューションの会社Agnov8の助けを借りて純利益を増大させた。

Agnov8は、リベリウム (Libelium’s Waspmote Plug & Sense!) 社製の各種センサーを自社ソリューションで利用できるようにした。 排水ピットと主要ダムに設置する2つのスマート水質センサー (Smart Water sensor) が苗床の水の特性を数値管理する。水温、pH値、導電性、酸化還元電位、溶融酸素レベルなどだ。そして水タンクにはスマート水量センサーが設置され、その貯水量を測定する。

キャメロン苗床社は IoT技術を利用して人為ミスを検知し生産高の予測に役立てている。

温室には、雰囲気制御センサー (Ambient Control sensor) が設置され、照明の総量を検知する。スマート農業センサー (Smart Agriculture monitors) も3台設置されている。2台は温室の外側にあって、一つは雨量や風の方向、強さ、速度を計り、もう一つは土壌の温度と水分量を計る。3台目は温室内部の諸条件を測定する。

全ての温室のセンサー・ノードは、メッシュ状になってWPA2認証で保護されたWi-Fiネットワークを通じて結ばれている。HTTPを利用して、これらのノードは敷地内のゲートウェイに接続され、TSL1.2を利用してAgnov8社のクラウドベースのSaaP (ソフトウェア・アズ・ア・サービス) プラットフォームに安全に接続されている。データは5分から15分間隔でこのクラウドへと転送される。このSaaSプラットフォームは、アマゾンウェブサービス (Amazon Web Services) がホスト管理している。

 

この苗床社の職員は、現場に居ようが居まいが、クラウドベースのダッシュボード付きソリューション上からセンサーを利用できる。携帯電話やタブレット、コンピューターがあれば、この20,000m2の農場で何が起こっているかを詳しく正確に知ることができるのだ。

リベリウム社製スマート農業用センサー

リベリウム社によれば、同社の技術を使えば職員に定期的に正確なデータが提供されるので、問題が起こっても早期に対応でき、人為的なミスを減らすことができる。これがやがては、収穫高の増大に繋がるのだ。リベリウム社によれば、キャメロン苗床社の社長ソニヤ・キャメロンは、このAgnov8-Libeliumソリューションの導入により同社が水や温室の監視をリアルタイムにより深く行えるようになった、と報告している。こうして同社の職員は個別の出来事にうまく対処できるようになり、収穫高の増大と損失の低減に繋がったのだ。

「キャメロン苗床は、さらに2つのセンサーユニットを導入して、持続可能な水管理システム上の別のステージでの水質関連のパラメーターを測定する計画だそうです」と、Agnov8社CTOのルーク・ホーニングスは語る。

参考

  1. オーストラリアの苗床会社が農業分野のIoT専門会社の助けを借りて利益を増やす
    http://japan.rfidjournal.com/articles/view?15882
  2. IoT Agricultural Specialist Helps Australian Nursery Become More Profitable
    http://www.rfidjournal.com/articles/view?15730
  3. MR.スミスのIoTコラム オーストラリアのオープンなIoTの取り組み
    https://www.upr-net.co.jp/iot/nanmoni/iot_020
  4. Another free Internet of Things network launches in Sydney
    https://www.cio.com.au/article/606416/another-free-internet-things-network-launches-sydney/
  5. Tracking the Internet of Things for the Australasian IT Community
    https://www.iotaustralia.org.au/
  6. ibelium
    http://www.libelium.com/

Leave a Reply

Your email address will not be published.