【オーストラリア】WA小中規模農家の経営戦略に関する記事

概要

 

オーストラリアの農業は大規模農業が多い中、中小規模の農家でも独自の経営戦略を持って利益を上げているところも少なくありません。少し前ですが、農林技術研究所 のオーストラリア調査報告書に、オーストラリアで小規模の農業経営をされている農家の経営者の話が記載されていました。

その報告書の中で、小規模農業ながらそれぞれ独自の経営視点を持ち、大胆かつ繊細に農業経営をしている農業経営者にとても感銘を受けました。日本では規模が小さいほど農協にたよりきりになりがちで、そこに農場の面積だけでない日豪の農業経営に対する意識の違いがあるのではないか思わされましたので、引用して紹介します。

 

 

オーストラリア中小規模農家の農業経営戦略

 

下記の調査報告書より引用させて頂きました。

 

 

どこまでもまっすぐな道を車で飛ばし続けても、ただ見えるのは地平線の彼方まで広が る農地ばかりで、建て物らしいものはほとんど見られない。 パースの郊外では、2000~3000ha(およそ 5km 四方)の農地を持つ大規模農家が広が っている。地域のコミュニティはなく、義務教育は無線で通信教育が行われており、病人 はヘリコプターで搬送されるという。 学会では日本の研究者が能登半島の 耕作放棄地の問題を発表していたが、 1つの半島に 30 万人が住む地域に 過疎の問題があるということを、オ ーストラリア人は理解できただろう か。 この広大なスケールの農業のみを 目の当たりにしていたとしたら、た だこの国の農業に圧倒されるばかりだったであろう。しかし、パースの都市近郊に目を向ければ、数Haの農地で小規模な農家経営が行われている。はたして、これだけ大規模な農業が展開されているオーストラリア大陸で、小規模な農家はどのような経営戦略で農業を営んでいるのだろうか。 このような 経営こそ、海外からの輸入品と対抗する日本の農業経営のヒントを含んでいるのではない だろうか。  この視点で、パース近郊の農家2戸を訪問し、オーストラリア農業における小規模農家 経営の戦略を訪ねた。ただし、今回訪れた農家は農家組合の紹介により選定されたことか ら、おそらくは地域でも優秀な農家であり、必ずしもすべての農家がこのような経営をし ているわけではないことは注意が必要である。

 

Highvale biodynamic orchard

30 代の女性マネージャーと 30 代前半の若い夫婦の3名を中心に家族経営を行っている。 経営面積は 4.5ha である。家屋の裏の丘の斜面に畑は、すぐに隣の農家の畑と隣接してお り、さほど広くない。リンゴ、オレンジ、レモン、プラムをオーガニック栽培しており、 ジャムやジュース、サイダーなどの加工も行っている。

 大規模経営が行われるオーストラリア内に おいて小規模経営の戦略を農家の方に尋ねた ところ、重要なのは「多品目経営」と「高付加価値」という回答がすぐさま帰ってきた。 

特にオーガニックは大規模経営では困難な高付加価値であるということで あった。農家の方の説明によれば、アメリカや ヨーロッパより小さいものの、オーストラリア のオーガニック市場は成長しており、オーガニ ック農家も増えている。また、プラムなどはシ ンガポールや台湾、日本などへも輸出している ということであった。一方で、直売も行っており、私が見学中も子供連れの若い女性が果 物を買いに来ていた。 オーストラリアにおけるオーガニックは、特にクィーンズランド州やビクトリア州で盛 んであるという。この農家の農法は Biodynamic であり、農家の方の説明によれば、 Biodynamic はオーガニックの一種であり、主にヨーロッパで行われているという。 しかし、何よりも「戦略は何か?」というあまりにダイレクトな質問に対して、すぐさま 「重要なことは2つある」という明確な回答がなされたビジネス感覚に驚かされた。また、 直売を行う一方で、日本への輸出も行っているというマーケティングの広さも評価に値す るであろう。まさに海外市場から地産地消までを、この小さな農園が見据えて農産物販売 を行っている。

 三名のうち一人がマネージャーに徹している点が、このような戦略的な農産物販売を可能にしているのではないかと感じた。 

オーガニック栽培は、害虫や病気はほとんど 問題にならないが、雑草が問題になるというこ とである。クローバー(実際には Oxialis 属) の草生栽培を行っているが、ある種のイネ科雑 草が問題となるということであった。しかし見 たところモアーによる草刈りが行われており、 さほど問題になっていないように思えた。この 果樹園で問題になっている雑草は、都市部の公 園1ヵ所で見かけられた。 特定の土着天敵種については意識してしな いものの、生物多様性を高めることが生態系の バランスを保ち害虫や病気を抑えると考えており、カエルやトカゲが多いことを喜んでい た。また、家族のために果樹園内に池を作り、ビオトープを造成していた。

 

Ms Caralyn Lagrange

パース近郊の小規模な農場は、趣味的に営まれていることも少なくない。

この農場主も元は学校の先生であるが、病気になったことを経緯に、10 年ほど前からパ ーマカルチャーによる農場を営んでいる。パーマカルチャーはオーガニックの一形態であ り、オーストラリアで提唱され、西オーストラリアで盛んに行われているという。 農場主の女性は、自然の中での生活で、今ではすっかり病気を克服したとのことである。 商業経営は行っておらず、パーマカルチャ ーを実践しながら、幼児から 16 歳までの 子どもたちを受け入れた教育ファームを 行っている。そのため、さまざまな作物が 箱庭的に植えられ、鶏やアヒルが平飼いさ れるなど、さながら植物園と動物園のよう な感じである。ただし、農場は 17ha の面 積であり、オーストラリアでは小規模とさ れる農場も日本ではかなりの規模である。 農家によれば土がやせていることもあ り、オーガニック栽培が安定するまでには 3 年掛かるという。これは日本でも慣行農法か ら有機農業へ転換する際に言われている年数と偶然ながら同じである。最初の3~6ヵ月は クローバー(実際には Oxialis 属。オオキバ ナカタバミか?)をまいたり、ハーブ類やブ ラシカ属を栽培する。そして、2年目には1 年生植物を栽培し、3年目には多年生や永年 性作物を栽培する手順で行う。その間、枯れ 葉と鶏糞で作った有機物堆肥を投入し、ミミ ズを入れて土を作る。オーガニック農家では 雑草が問題となるが、ここでは堆肥がマルチ となるため雑草は問題とならないというこ とである。

 オーガニックを成功させるためにはモノカルチャではだめで、多品目を栽培することが重要である。その点で小規模農家の方が向いている。 

作物の組み合わせは特に注意を要しないが、連作しないように気をつけ ることがポイントである。また、作物は木を育てるように十分な根圏に水と有機物がある ように育てると良いということであった。 また、害虫はいるものの、エコシステムが構築されていれば問題とならないということ である。確かに菜っ葉類には鱗翅目幼虫の食痕が見られるものの、わずかである。生物多 様性は重要視しており、トカゲやカエル、水鳥、甲虫類、ミミズなどが多いことが重要で あるという話である。

 

 

参考

オーストラリア・パース近郊における 中小規模農家の農業経営戦略
http://www.agri-exp.pref.shizuoka.jp/suidenpro/pdf/09australia.pdf

Leave a Reply

Your email address will not be published.