【農業革命】事件は現場で起きている

概要

 

最近の農業のIT化のスピードはすさましいものがあります。農業は高齢者が汗水たらして朝から晩まで働いているイメージがありました。いまもほとんどの個人農家さんはそうかもしれません。そして、若者には、農業は「キツい」「汚い」「かっこ悪い」の3Kの仕事と認識されていて、なかなか働き手があつまりませんでした。

それがここ数年で変わりつつあります。そう、事件は現場でおきているのです。

 

 

記事

 

事件は現場で起こっているのですが、多くの人間は「事件」は対岸の火事と思っているか思いたいようです。

自分の現場には事件が起こってほしくないと思っている人がほとんどです。

 

今は亡きスティーブ・ジョブズが2005年にスタンフォード大卒業式でこう述べています。

 Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life.Don’t be trapped by dogma – which is living with the results of other people’s thinking.Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice.And most important, have the courage to follow your heart and intuition.They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary. 
時間は限られている。他人の人生を過ごすことで自分の人生を無駄にしてはいけない。常識に囚われるな。それは他人の考えの結果なのだから。自分の内なる声を消して他人の考えであるノイズを許すな。最も大事なことは、あなたの心と直感に従う勇気を持つことです。それらはあなたが本当になりたいことについてすでに知っているから。それ以外の事は全てが「二の次」です。

まさにそうですね。常識に囚われていては、直感と勇気が消え去り、そこで起こっていることも見えなくなってしまいます。

参考

 

  1. AgriTech×農業IT~弁護士による内閣府ガイドライン等の解説~
    https://thefinance.jp/law/170126
  2. スティーブ・ジョブズが残した言葉”Your time is limited・・・”
    http://blog.livedoor.jp/clock510/archives/1723580.html

Leave a Reply

Your email address will not be published.